こちらではくまがいスタッフのHIROによる
毎日のお仕事や気になったこと、釣行記、
その他諸々の雑記帳です。
お時間ある方は、少々おつきあい下さい。
<< 続き。 | main | 中古トレーラー情報。 >>
久しぶりの志賀島。ヤズ再来にヒラメちゃんまで?

穏やかでお天気も良かった今日は
ちょっと遅めに志賀島周辺チェックに行きました。


(志賀島周辺ではエギンガーが増えてます。そろそろなのかな?)

実はライトジギングを予定するも「例によって」?人数不足。
まぁ、体調的にもゆっくりしたかったので目覚まし掛けずに
起きてからのぐうたらな釣行です。

が、以外や以外、面白いことに!。

家を出たのは11時頃。
まずはお馴染みの奈多漁港から。



まぁわかってたんですが、現在堤防工事で立ち入り禁止。
駐車場も巨大なテトラに占領されています。
どうも正面右側の僕が唯一ヒラメを釣った堤防周辺を工事してる模様。
それはそれで開放された時が楽しみ。
で、元々の予定、弘漁港へ。



ココは前回手のひらサイズだけどヒラメちゃんがちょっかい出した貴重な場所。
正直期待してた。しかしながら潮が動いていない。
ベイトは少ないが、ボラはとにかく多い。(ボラもベイトなのか?)
小一時間ほどアレコレするも無反応。
テトラに座り込み、写真のおいちゃんと談笑。
「何が釣れるんですか?」「何も釣れんねぇ、何が釣れるっっちゃろか?」
「にいちゃんアレやろ?アレでボラは釣れんと?」などなど。
おいちゃんが美味しそうにお弁当を食べ始めたので移動を決意。
この弘漁港でかわいいお子さん連れのパパさんに、
「子供連れてちょっと遊べる堤防ありますか?」と聞かれ、
それならと言うことで赤灯台を紹介。で、一緒に移動。



まあっっっっっっったく期待していなかったのだが、
着いて早々あちこちに「モジリ」がある。
「ヤズの時期でも無かろうに・・」と思うものの、空には鳥がぐるぐる。
「何かおるんやね」と思いつつ、いつものスピナベ・・・無反応。
そこでシーバスか何かおるのかもと、ヘビーサーファーでチェック。
1投目のことだった。「ゴン!」衝撃が伝わる。
「くわ〜!なんか来た!バレませんように」
ヒラメにしては硬さのないバイトだなと思ってると何とヤズっち!



1kgにも満たないヤズ子サイズだがショアからの初のヤズ。
やっぱり嬉しいものは素直に嬉しい。
と言うより「この時期でもまだおるん?」という疑問が。
ついでに周辺ではまだまだもじってる。

僕がこの子を釣ってバタバタしてると先ほどの家族連れの方が
見に来られた。折角なので僕のルアーを使って貰い挑戦して貰うことに。
タックルの限界があるので軽めのジグ(オーシャンドミネータ)をチョイス。
ラインはどう見たって6lb。しかもドラグも厳しそう。一応調整。

一通りの使い方を教えて(ただ投げて早めに巻く)ボーッと見ていたら、
ジグが水面に飛び出る瞬間、何とヤズっちが激しくバイト!(トップヤズか?)
一瞬ロッドが曲がりジイとラインが出るも乗らなかった。
「うわっ、今来たんですよね?」と不思議そうなパパさん。
ホントにおしかったな。

そこで釣りを一旦辞めて、座り込んで群れを探していたら、
背後より「ジィー」と不安定なドラグ音が響き渡る!
「来てるでしょ!?」と聞くと「わーっ、引いてます!」という返事が。



「パパにヤズが来てる!早く早く!」とパパさん以上に慌てた僕が
お子ちゃまとママさんを呼ぶ。もう家族総出でパパさんの応援!

しかし、いかんせん、ライトラインに言うこと聞かないドラグ。
それでも目の前まで来たのだが、写真のテトラに巻かれて
あっさりとラインブレイク!見てるこっちが悔しい!
相当悔しがるパパさん。
「サカナって手のひらくらいのしか釣ったこと無いんですよね」
そりゃびっくりするほど引いたことでしょ。

その後、徐々に群れが遠のいて行き、あきらめ掛けた頃に
再度、目覚ましのようなドラグが鳴る!
「あーっ、来てます!さっきのより引かないけど」
ネットを持った僕の目の前に現れたのは「ヒラメちゃん」!
小さいけど立派な高級魚で僕のアコガレのヒラメちゃんなのだ!
これは一気にネットに入ってこれまた家族総出で
(僕とパパさんだけだった感もあり)大喜び。



お子ちゃまがシャイなのか笑ってくれなかった・・・。
まぁホントに一安心。少しは楽しんで貰えたのかな?
単なる僕の自己満足のお節介ではなかったんだろうか?

僕はこの後腰の治療に帰ったんだけど、その後釣れたかな?




何でもないことなんだけど、こういうの、見てると家族って良いな、と思う。
最近、海でこういう光景を見るとボーッと見とれてしまう自分がいる。

僕が小さかった頃も親父とお袋に連れられて弟と良く海に来たな。
海の潮の匂い、小魚の群れ、砂の熱さ、日焼け・・・。
彼らを見ながら昨日のことのように思い出し何故かホロリとなりそうな・・。
そんなに年を取ったつもりはないけど、やっぱり年を取ったんだな。
そんなことを考えながら海の中道を走ってた。

ほんの少しだけ立ち止まって振り返ってみる。
「パパ、釣れたと?ママ、ジュース飲みたいよ!」
僕にも(きっとあなたにも)そんな時間が、
そんな光景があったね。

ちょっとだけ、そういう大切な「何か」を
思い出させてくれた彼らに心より感謝。

またいつか、どこかで、会えると良いね!
| hiro-kumagai | 釣行記 | 00:45 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
通りすがりさん、ご意見ありがとうございます。

ご指摘の通りだと思います。

ただ、これを書いたのは7年前。
それと、見ての通り、軽い気持ちで釣りに来られた親子の方です。
まったく初めてだと思いますが、私はその方に、ライジャケ無いなら釣りはするな、とは言えません。
なので、少しでも釣り場も低く、足場の良い場所で、と言う考えの元、移動してもらったわけですが、おっしゃる通り、多少と言わず、危険であったのも事実。
今でこそ、当たり前になりつつあるショアでのライジャケも、
当時はまだまだと言った状況でした(なので、当時は特にそのような指摘もありませんでした)。

もちろん、それが正しいとは思いませんが、恐らく「今」であったら「たとえ」同じ行動をとったとしても、写真は上げないかな?と思います。

言われたことは素直にその通りだと思いますし、今では友人分までライジャケを持っています。

多少と言わず、私自身、「安全」については考慮していますし、こちらのお父様もその後、カヤックを楽しまれていると、聞きました。カヤックに乗るということは、言わずとも、ライジャケは着用されていると思います。
もちろん、この時よりは、安全についてしっかり考慮されていると思います。

今もそのままの状況ではないと思いますので、
出来ることであれば、ご安心頂けたら、と思い、コメント入れました。

コメント、本当にありがとうございます。
(ただ、この方々の事を考慮し、コメントは控えさせてください。どうかご理解くださいませ。)


| HIRO | 2017/08/03 7:57 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2017/07/31 5:10 PM |









http://hiro.f-kumagai.jp/trackback/56
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ