こちらではくまがいスタッフのHIROによる
毎日のお仕事や気になったこと、釣行記、
その他諸々の雑記帳です。
お時間ある方は、少々おつきあい下さい。
<< 雨になりました。 | main | ほぼほぼ追いつきました。 >>
進んではいます。

前回の更新が月曜日で今日はすでに土曜日。

仕事が詰まっているとはいえ、あっという間です。

 

さて、まずは前回の続きから。

前回、リヤの振動子の取り付けのみ完了していました。

まずはリセストレイの穴あけ加工から。

この穴開けは実は今回重要だったりします。

 

と言うのも、SS-90の場合、ストレージが少なく、

ユニット類を置く場所がないんですね。

 

 

今回は、UHDフロント2台にリヤ1台。

そうなると、ネットワークハブ(右上)が必要。

と、ライブスコープのユニットも置く場所が必要。

なので、リセスの穴を開けて、その中に収納しよう、

と言う考えです。

ただ、こればかりは開けてみないとわかりません。

 

と言うことで、意を決してカットしてみると、

見事なくらい、ベストな作りに!

 

 

まさにユニットを置のにベストな場所を発見です。

ちなみに向かって右のカーペットは

ロッドストレージの余り分。

きれいにしておいて欲しいなぁ。

さて、ここに先ほどのユニット類、配線類を収納します。

 

完成図はこの様な感じ。

 

 

何かあってもここだけで対応できる様にしています。

続いて魚探のセッティング。

元位置を参考に見やすい、操作しやすい位置に。

 

 

フロントはこんな感じです。

 

 

リヤは傾きが気になる所ですが、まずはこの位置で。

 

 

いまだに届いた商品のバージョンは、ちょいと前のヤツ。

いい加減、最新バージョンで送って来て欲しいです。

 

さて、こちらのボートは同時進行でキャブのOHも。

この作業はGOTO君担当でやってもらいました。

コツコツ作業していると、

「ちょっと見てください」とのこと。

 

 

あれ?見覚えのある破片が燃料ポンプ内に・・・。

 

 

その一部がキャブ内部にも。

と言うことで、ホースを解体してみたところ、

 

 

これが不調の原因だと思います。

去年からよく当たる、「ホース内部の被膜?剥がれ」。

これが詰まり、不調をきたします。

 

 

全て直して組み込み、テスト。

 

 

元々、「全開走行時に安定しない、前ほど吹けない」

と言うものなので、ここでのテストではわかりにくいのですが、

この状態でもアイドリングの安定、吹けの早さ、

振動の落ち着きが明かに安定方向に改善しました。

イメージとしては、「オーバーフローでは?」と言う

見立てがあったので、それからいうと、辻褄もあいます。

 

テストが楽しみになって来ました。

 

 

最後にGOTO君が磨き上げてこれは完了です。

 

続いてそのお隣の420PD。

 

 

現在付いているライブスコープを1台追加、

ライブ+パースペクティブに加えて、

フロントにEMウルトラ102を追加します。

 

 

ライブスコープはクルクルくんに取り付けます。

配線はただ単に追加とは言え、これが本当に大変でした。

 

 

これは電源関係だけ。

機器も増えたことで配線もワンランク太くし、

今後のことを考えた配線に変更しています。

ユニットまわりの写真、撮り忘れてしましましたね。

 

で、結局、昨夜遅くに

 

 

ようやく完了です。

んでもって今朝、さらに最終チェック、手直し。

 

 

フロント周り。

 

 

リヤから。

なお、バッテリーはワンタッチ接続端子を付けますが、

バッテリー端子がデカく、配線の太さと全く合わない。

で、結局、

 

 

こんな感じになりました。

ハンダでしっかりと固定です。

何か笑えてきますね。ま、仕方ないんですけど。

 

こちらも本日無事に引き渡し完了です。

大きなお仕事を2件、無事に完了です。

 

今日も、

 

 

楽しそうな青年が一人、

ウィーン、ウィーンと気を削る。

将来が楽しみなルアーデザイナーさんです。

| hiro-kumagai | ボート作業 | 19:47 | - | - | - | - |
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ