こちらではくまがいスタッフのHIROによる
毎日のお仕事や気になったこと、釣行記、
その他諸々の雑記帳です。
お時間ある方は、少々おつきあい下さい。
<< 大丈夫かなぁ? | main | 納艇と修理完了。 >>
2つ完了。

月曜日、あんなに寒かったのに、

すっかり春めいてきました。

今朝は早起きして納艇でしたが、

先週とは比べ物にならないほどに

暖かく、お昼間はTシャツで過ごせるほど。

もう寒くなることはなさそうです。

 

 

と言うことで、昨日は車検をまず1件。

 

 

帰ってきたその足で、もう1件。

ナンバー灯もしっかり点いて、

11時までに2台が無事完了です。

そのまま2台の整備に入ります。

 

 

1台は、エンジンオイルにギアオイル、

もう1台はギアオイルの交換です。

車検のタイミングで整備される方は非常に多いです。

ちょうど毎年一回、同じ時期なので、

私もお勧めします。

 

と、整備していると、

 

 

ベアリングのオイルシールの漏れを発見。

古くなったり、ここにラインを巻き込んだりすると、

シール部分が劣化、破損し、この様に中のグリスが

 

 

ホイールの内側に付きます。

多少は圧や熱によりしみだす程度の漏れであれば

良いのですが、この様に全体にたっぷりついている場合は

シールが傷んでいる可能性が出てきます。

 

正常な状態であれば、(このトレーラーの右ホイールです)

 

 

この様に、ホイール内側にはわずかな量の

グリスが付いている程度で、

 

 

この状態が正常です。

ボートを降ろした時にチェックされると良いと思います。

 

また、リヤデッキを開けると、

 

 

タンクがパンパンに!

 

ガソリンタンクを保管する場合は、キャップにある

 

 

空気弁をわずかに開けておき、

熱で空気が膨張した時に抜ける程度の隙間を作って置きます。

特に夏場は破裂するんじゃない!?と、思うほどに

膨れ上がったものも見かけますのでご注意下さいね。

あくまでも、わずかに開ける程度、

圧が掛かったら抜ける程度の隙間です。

ただし、雨が掛かったりする場所では、

この弁から、水が入ったりもしますので、

水の掛からない所に保管してくださいね。

 

さて、先日のエレキです。

 

 

パーツが届きました。

幸い、在庫もまだある上に、価格も2500円と、

割と安く大きな追加にはなりませんでした。

ただ、これの交換には少々と言わず手間はかかります。

そのために、工賃的にはちょいと掛かったりもします。

 

 

配線を通し、センターを合わせ固定します。

 

 

配線を繋ぎます。切れていた電球も交換します。

 

 

動くところまでは前回テスト済みでしたが、

このエレキ、本当に静かだと思います。

 

 

結構な年式にもなりますが、

これでまだまだ元気になりました。

チューブやグロメットを交換したことで、

見た目もかなり良くなっています。

しっかり使ってあげてくださいね。

 

 

・・・納艇まで書くつもりでしたが、

結構ネタいっぱいなのでこれは次回に。

 

明日は祭日なんですね。

暖かくなって釣りには本当に良い季節です。

 

 

 

 

 

| hiro-kumagai | ボート作業 | 17:41 | - | - | - | - |
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ