こちらではくまがいスタッフのHIROによる
毎日のお仕事や気になったこと、釣行記、
その他諸々の雑記帳です。
お時間ある方は、少々おつきあい下さい。
<< 修理に追われています。 | main | 一気に暑くなりました。 >>
エレキ修理。

なかなかこちらに来る時間がありません。

その分、作業は少しずつでも進んでいるのですが・・・。

今日はすでに終わった作業報告です。

 

と言うことで、先週からの作業です。

 

 

これはトレーラーオーナ様に気を付けて頂きたいことです。

GW中の遠征で、走行中にタイヤがバーストしてしまいました。

原因は、タイヤの空気圧不足と思われます。

以前にも同様の事故がありました。

 

(フェンダーステーも曲がっています。

 フェンダーは飛んでいきました!)

 

最近は聞かなくなりましたが、ずいぶんと前には

「空気圧を落としてボートの痛みを減らす」などと

聞いたことがありますが、空気圧不足は絶対にダメですよ。

高速走行などではタイヤが波打ち、熱を持ってバーストします。

 

(ステーの付け根部分のフレームは凹み、塗装の亀裂も。)

今回のオーナー様は、いつの間にか気づかず空気圧が低下、

バースト後、タイヤを付け替えてみると、

明らかにタイヤのへこみ方が違っていたそうです。

 

(修理には費用も掛かりますが、この程度であれば、

 大きな事故にならなかっただけでも良かったと思います。)

最近、車検時のチェックで空気圧不足をよく見かけ、

こちらでも入れるようにしていますが、

タイヤやホイールの劣化で少しずつ漏れているのか、

空気圧不足が多く感じます。

使用時には必ずチェックしてくださいね。

続いてエレキの修理です。

 

 

TE-109のアナログモデルのデジタル化です。

久しぶりに見ました。まだ頑張ってたんですね。

 

 

デジタル化することで、ずいぶんとスッキリなります。

 

 

配線の数は、大幅に減ります。

 

 

このモジュール内はケースごと変更となります。

このケース内にデジタルユニットが入ります。

 

 

もともとついていたアーマチュア。

コミュテーター部も変色が見られます。

ここまでなっているのは初めて。

これをゴシゴシと磨きます。

 

 

今回は汚れが非常に強く、磨きすぎも怖いので、

若干の黒筋も残りましたが、

ここまでしておけば問題ないと思います。

 

 

モジュール、ブラシ部を組み立ててセットします。

 

 

早速テスト。うんうん、快調!

確かにデジタル化は費用も掛かります。

しかしアーマチュアのOHもするので、

内部的にはほぼ新品に近くなります。

後々の安心を考慮してもアナログモデル

(が、どれほど残ってるかは疑問ですが)が故障した時、

デジタル化するのは決して悪くないと思います。

 

せっかくなので、エレキもう1台。

と、思ったら、写真が何故か異常に少ない。

修理はミンコタのマクサム。

アーマチュア不良による交換でしたが、

届いたものは、若干形状が違う。

ブラシプレートも入っていて、どうやら変更?

 

 

これが元々のブラシプレート。

新しいモノは角度と深さ、大きさが違います。

 

 

・・・これではわかりませんね。

コミュテーター部が大きくなってました。

そのためにブラシプレートも変わったんだと思いますが、

(これは勝手な想像ですが)現行モデルを過去の修理品との

互換性を持たせ、対応しているのは凄いと思います。

 

 

恐らくは、使用感も違いが出るのではないかと思います。

もうすでにお渡ししているので、

使った後のお話が楽しみでもあります。

(もしかすると、全く変わらないかもしれませんね。)

 

 

次回はもう90%終わったウルトレック取り付けです。

明日は早起き車検からスタートで、行ければ3台です。

ちょっと頑張りどころです。

| hiro-kumagai | ボート作業 | 20:47 | - | - | - | - |
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ