こちらではくまがいスタッフのHIROによる
毎日のお仕事や気になったこと、釣行記、
その他諸々の雑記帳です。
お時間ある方は、少々おつきあい下さい。
<< またも続いて。 | main | 意外な結末。 >>
コチラも続いて。

と言うことで、ようやくブログが追いつきました。

 

今日はスタッフみんなでトラウト釣り。

以前より気になってた田川の

 

 

釣り堀CAFE、「NOEL」さんに

お世話になることに。

ターゲットは、前回に引き続き、「トラウト」。

 

到着は9時ジャスト。

 

 

おしゃれなレストハウスで準備の後、いざ、勝負!。

 

ですが・・・いやはや、苦戦しました。

前回の志高湖、九重FRと違い、

 

 

四角いプールの様な形状をしています。

元々鯉の養魚池だったため、

この様な形状になってるようです。

 

苦戦した理由はいろいろあるとは思うのですが、

その理由のひとつは、

 

 

水がクリアで水深が少なくカバ−が少ない。

マスも丸見えなれば、僕らもマスから丸見え。

これは初めてのケース。

 

そんな中、スタートしたわけですが、

 

 

当然?狙いたくなるのは桟橋の下の影の部分。

 

 

ですが、逆奥も何故か魚の集まりが良い。

 

ただ、反応はあるものの、そう簡単には喰ってこない。

その辺の難しさが面白さであったりするわけですが、

・・・・実に難しい・・・。

 

とか何とか言ってたら、

僕のココクラ(ニョロニョロだったと思う)に

20cm足らずのマスが「パクっ」てな感じでヒット!

しかしながら、このマス君は上げる時に落ちてしまい、

写真がない。

釣ったんだから、いいじゃん、と言われりゃそうなんだが、

何か、写真の1枚は欲しかったな・・・。

 

そんなこんなしてたら、妙に反応の多いイーノに

 

 

ついにヒット!

「座って気配を消す戦法」が効いたのか?

 

 

楽しそうにマスと戯れるイーノ。

 

 

いいな♪いいな♪

 

 

その一匹のマスにみんなも盛り上がる、が

 

 

その後、やはり反応するものの、

ヒットには至らず、

 

 

初挑戦のO久保がやたらとラインを絡めたり、

 

 

イーノのスプーンを取ってあげたりと

どうでもいい事は楽しめたが

結果、その2本と言う寂しい結果に。

 

いやいや、ホンッと難しかったです。

ただ、それなりのヒントもあった気がします。

 

(上がココクラのニョロニョロ(九重FRのオリジナル)、

 中が僕の好きなタドポリー、下が九重の最後の一手、

 マリアのポケッツ、ディープクランク)

 

意外にもマスは日光が嫌いではないのか?

日が昇ると桟橋陰から出てきて活性が高まった。

水温も関係している?

今回反応が良かったのは、超軽量(1g前後)スプーンを

ズル引きしながら時々ジャークと言う

テクで取ったようです(飯野談)。

 

この気難しいマスに挑戦してみませんか?

 

今回は5人で挑戦して2本でしたが、

次回行くときはは今回非常に気になった、

「鯉釣り」に挑戦したいと思います。

| hiro-kumagai | 釣行記 | 02:35 | - | - | - | - |
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ