こちらではくまがいスタッフのHIROによる
毎日のお仕事や気になったこと、釣行記、
その他諸々の雑記帳です。
お時間ある方は、少々おつきあい下さい。
<< 20周年、ありがとうございました。 | main | 大掛かりな修理。 >>
1つではなかった。

今日は午前中、小雨パラつきの、涼しい1日でした。

秋らしい気候が気持ち良く、来週あたり、

またバス行こうか、(海は難しいかな?)などと

話が盛り上がっています。

 

 

さて、長々になってしまってる1台なんですが、

実は先週、1コマ進んだのですが、それでも掛からず、

と言うことで、さらに進めてみました。

その結果、今回は1か所の異常ではないことが

判明しました。

ずっと「火が飛んでいない」と嘆いてたのですが、

自分を疑って真っ暗な中で他のスタッフに見て貰うと、

わずかだけど飛んでいるのが判明。

 

もっとも、それ以前にテストの数値が上がらないのが

問題だったわけで、そこまで進めなかったのも実情ですが、

そこを無視して進めると、上の様に火が飛んでいるのを確認。

ただ、あまりに弱い、弱すぎる。

でも、確実に電気が通っているのであれば、

IGコイルを疑うことに。

 

 

早速取り寄せ、交換してみると、明らかに飛びが良い。

テストデータの数値が上がらないのは正直、分からないが、

少なくても、火は飛び始めたのでテストしたんですが、

まだエンジンは掛かる気配もない。

通常掛からないとは言え、多少は誤爆なんかがあっても

良さそうなんですが、全くない。

 

んでは、燃料系かなということで、キャブよりガスを抜くと、

全くガソリンの臭いがしない。

 

水が混じってる?と言うことで、タンクの燃料を

抜いてみることにした。・・・結果、

 

 

下の雲海みたいなのが水。しかも、

 

 

出てくる出てくる、結局、1Lt位あった様です。

ちなみにホースの中抜いてみると、

奥の方位水が入ってました。

 

と言うことで、キャブを開けることに。

 

 

・・・思った通り、と言うか、それ以上。

 

 

通路、ジェットはこの白く、ねまった固まりで

しっかりとふさがれていました。

フロート室も白い粉にドロリとした液体。

これらをひたすら磨いて擦ってきれいにします。

 

 

ただし、今日はガスケット類が全く無いので

組み付けはパーツが届いてから。

 

何だか今度は上手く行きそうな予感。

本当にお時間かかって申し訳ないです。

 

ただ、あのテストデータの数値ってなんだろ?

単なる僕の勘違いなのかな?

 

明日もメンテナンスからスタートです。

| hiro-kumagai | ボート作業 | 19:48 | - | - | - | - |
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ