こちらではくまがいスタッフのHIROによる
毎日のお仕事や気になったこと、釣行記、
その他諸々の雑記帳です。
お時間ある方は、少々おつきあい下さい。
<< お知らせです。 | main | URTREX! >>
大掛かり その2終了。

先日頂いた差し入れに、オロCとヤクルトがあった。

 

「オロヤク」と言うものをご存知だろうか?

 

 

昔、20代の頃に行ってたサウナなんかにあった飲み物で、

その名の通り「オロナミンC」と「ヤクルト」を混ぜたやつ。

ヤクルトを2本入れると「ダブルオロヤク」と言う名で

お金持ちのみが飲める、たいそうな飲み物であった。

 

ガビガビに冷やして飲むと美味しいと思うのだが、

今の若者はそうではないらしい。

もっとも、現代に生き残れなったということは、

「そこまで」なかったのか?

ともあれ、久しぶりの「オロヤク」を堪能した私だった。

 

・・・まぁそれは良いとし・・・・

 

まずはお知らせ。

9月3日月曜日はお休みとなります。

そのため、3日4日と連休となります。

ご利用のお客様には大変ご迷惑をお掛けしますが、

あらかじめ、ご了承下さいね。

 

さて、今日は(も?)よく出てくる

シープロ10の電装系修理です。

キャブのOH(他店にて)後、数回使用で

エンジン掛からず、てな、状況です。

 

あれこれテストしたところ、あれ?火は飛んでいる。

飛んでいるけど、弱い気がする。

もっとバチって元気良くなかったっけ?そんな感じ。

 

 

あれこれテストしてみたところ、抵抗値テストでは

異常が見つけられなかったんですが、

電圧テストで電圧が規定値まで上がってこないことが判明。

これは初めてのケースでした。

通常、電装系テストではOKかNGかと言う

わかりやすいことがほとんどでしたが、

今回は数値が微妙に上がらない、と言う状況でした。

 

ステータと言ういわゆる発電する部分で、

全体に電気は通ってるんですが、

電圧が足りず、プラグの火が弱く、点火できない、

掛からない、と言う状況です。

 

せっかくなので、今回はシープロ10ユーザー様の為に

細かく説明して、今後、長くシープロを使うための覚悟?

を、持ってもらえればと思います。

 

 

この手の作業はやはり大掛かりとなります。

フライホールと言うパーツを外す必要があります。

実はこの一つ前の作業も大変なんですが、

この2つの作業はこの様な特殊工具が必要となります。

 

 

フライホイールが外れた所です。

ここでちょいとだけ解説。

 

この部分で壊れるのは今回のステータと、

トリガーと言うタイミングを取る装置になります。

どちらかと言えば、ステーター交換の方が多いのですが、

トリガーの交換も同様に起こるようになりました。

ステータ―の場合、くまがいでは

工賃、パーツ一式で34500円ほどになります。

また、トリガーの場合は(工賃は同様です)、

一式で19200円ほどになります。

(なお、シープロ10と一口で言っても

 年式により金額に若干の差があります。

 詳しくはショップでお尋ねください。)

 

 

ただし、この2つを同時に交換すると、

工賃は1度で良いので45800円ほどとなります。

別々になった場合は53700円ほどかかるので、

8000円ほどお安くなりますし、時間も掛かりません。

 

 なので、予算に余裕があれば(と言っても結構かかりますが)

長い目で見た時にこの2つを同時にやってしまう、

と言う選択肢も十分に考えても良いのではないかと思います。

 

 

この船外機の修理が終わったタイミングでもう1台、

シープロ10が入って来ました。

前回、IGコイル破損によりコイルを交換したエンジンです。

 

 

イグニッションコイル系のトラブルは、比較的少ないと思います。

今までも2〜3回程度かな?

また、プラグコードもほとんどありません。

ここは比較的、しっかりしていると思います。

 

で、今回はスイッチボックスと言う部分のトラブル。

 

 

定番ともいえる、比較的、多いトラブルだと言えます。

ステーターで電気を起こし、トリガーでタイミングを取り、

そのすべての管理してイグニッションコイルに電気と

そのタイミングを送るのがスイッチボックスです。

 

作業自体はネジ止めなので、大掛かりではないのですが、

スイッチボックスそのものが比較的高く、

今回の場合で35500円、フラットモデルと言われる

もう一つのSBの場合は41700円ほど

掛かってしまします(工賃込)。

ある意味、シープロ10(15も含む)の

定番トラブルと言えます。

 

(スイッチボックスの交換ですっかり元気を取り戻しました。)

 

特に古い10年以上のモデルのオーナー様には

この辺の修理をしっかりやって、

長く使っていただきたいと思います。

10年超えていると、すぐに起こってもおかしくないですよ。

 

思い切って電装系をリフレッシュすれば、

また10年は頑張ってくれると思いますよ!

 

明日はお休みです。

皆さんご注意下さいね!

 

| hiro-kumagai | ボート作業 | 19:26 | - | - | - | - |
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ