こちらではくまがいスタッフのHIROによる
毎日のお仕事や気になったこと、釣行記、
その他諸々の雑記帳です。
お時間ある方は、少々おつきあい下さい。
<< 16本!? | main | 少し落ち着いて、次の作業です。 >>
もう一生しないであろう作業。

今週は暑くなったり寒くなったり、

一体季節はどこなんだ的な気候でした。

なんか体調も疲れ気味。

気合いで吹き飛ばさないかんね。

 

 

こんな作業するとは思っていませんでした。

おそらくはもう一生することはないと思いますが、

以前はよくやってた「パワーシフター」の取り付けです。

モーターガイドのこの手のゲーターマウントは、

本来、上げ下げのロック解除が非常に硬く、

大変な作業ですが、それを一気に楽にしてくれるアイテム。

ずっと残ってた新品を、たまたま入ってきたマウントに

取り付けることにしました。

パワーシフターとはこんなモノ。

 

 

元は12000円とかでは無かったかな?

基本的には完全ボルトオンで、取り付け簡単、

効果絶大なんですね。

 

 

ベースはテコの原理で、ロープでピン動かし、解除します。

何より凄いのは、その取り付け方法。

 

 

上のパーツをこの様に、ピンに噛まして取り付けます。

よって穴あけ加工必要なし、細かな調整必要なし。

ものの15分程度で付きました。

 

 

動かしてみると、やっぱり楽にロックが解除します。

これ考えた人、改めてすごいなぁと尊敬します。

もしかすると、日本最後の(そんなことはない気もするが)

パワーシフターの取り付けでした。

 

と、今日はもう1つ。

 

 

ずいぶん前に修理したマーキュリー。

コンロッドベアリングが破損したことにより、シリンダー、

ピストン、リング周辺に損傷をおってた15馬力。

応急、なおかつ最低限で修理していたのですが、

数回目の使用より不調をきたし、

完全に動かなくなりました。

元々かなり悪い状況だったので、こうなることも予測の上、

お渡ししたのですが、残念ながら数回の使用で圧縮が0。

 

どちらにしても、そのままではどうしようもないので、

勉強の意味もあり、開けさせてもらうことに。

 

 

ここまで行くのに一人で1時間少々。

ずいぶんと早くなりました。

で、シリンダーを開け、ピストンを見てみると、

 

 

前回同様、片側が傷だらけ。その傷も明らかに増えています。

ピストンリングも途中で折れています。

何よりひどいのは、

 

 

ピストントップが傷だらけ。

シリンダー側も、同様です。

 

 

恐らくは折れたリングがピストントップに回り込み、

潰されて傷だらけになったのではないかと思います。

 

 

やはり、直すのであれば、とことんやるべきだったかな?

との後悔もありますが、

そこまでやると、5万円はすぐオーバー。

難しいところでしたが、結局こうなったのであれば、

いっそしない方が良かったかも、等々、

いろんな思いが駆け巡ります。

 

ま、今、ちょっと考えていることもあり、

今後オーナーさんとお話してみます。

 

さて、再生できるのでしょうか?

明日は他のパーツが届けば作業を進められます。

 

| hiro-kumagai | ボート作業 | 18:50 | - | - | - | - |
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ