こちらではくまがいスタッフのHIROによる
毎日のお仕事や気になったこと、釣行記、
その他諸々の雑記帳です。
お時間ある方は、少々おつきあい下さい。
<< う〜ん、これは大変!。 | main | 久しぶりの。 >>
混んできました。

お天気の良い3連休になりました。

皆さん釣りに行ってるようで、

多くのお客様もお買い物に来てくれています。

 

さて、ボートの方も作業がまたまた増えてきました。

先週の模様をあれこれ。

 

シフトレバーの重かったトーハツ4スト2馬力。

 

 

グリスニップルもあるのですが、機能せず。

メンテナンスにはシリンダー一式の脱着が必要となるため、

一式で2万円はかかりそう。

と言うことで、出来る限りのグリスアップで

まずは出来るところまで。

ふと、考えてみると、ニップルを外せば

もっと楽になるんでは?

 

 

と、思って外してやってみたんですが、

案外、と言うか、作業性はほぼ変わらず。

結局、1週間かけて内部にオイルを入れて

(と言っても入らない)レバーを動かし、馴染ませるまで。

多少は軽くなった気もしますが、やはりまだ重め。

とは言え、分解して2万円も高い、と言うことで、

一旦この状態で使って貰い、テストすることに。

 

 

クランクのシールのパーツ待ちでしたが、届いて組み込み、

 

 

接合部も磨きを入れて、組み立てます。

 

 

・・・・作動は良好ですが、どうにもまだ高域が物足りない。

リードバルブ、ピストンリング、プラグ、

一通り交換するも、まだ正常とは言えません。

キサカさんと話したところ、実は電装系、

イグナイターと言う発電およびタイミングをつかさどる

パーツが原因の可能性も出てきました。

ここまでやってるのに・・・と言うのもありますが、

ここまで来たので勉強のためにも追いかけて見ます。

 

 

中古のスズキ4スト5馬力。

販売前に抱えたところ、オイルが落ちました。

「オイル漏れがある?」とも思ったのですが、

今まで長期にわたり展示してましたが、そこでは何もなし。

不思議に思い、分解すると、このプレート上にオイルが。

「あ」、と、思ったのは後ろ側のシリンダーヘッド(?)の

漏れがあり、そこのガスケットも交換したんですが、

その時のオイルが回っており、落ちきれなかった分が

かかえて角度が変わったことにより、落ちたのではないか?と。

一旦、クリーナーでひたすら洗浄し、

 

 

あえていろんな角度で放置テストして見ましたが、

以後は一切のオイル漏れはありませんでした。

確かにガスケットから見える場所は拭き取ってましたが、

前部は見ていませんでした。確認の甘さが・・・・。

そのあと、改めてエンジンを掛け、斜め起きの放置テスト。

問題ないのを改めて確認です。

 

 

嫁入り先の決まったパント、最終整備、艤装です。

 

 

魚探の設置及び配線の取り回しです。

とにかくわかりやすく、楽にセッティングします。

水漏れテストをしたところ、ドレンより漏れが発覚!

 

 

全体のシールがはがれてきています。

と言うこと、思い切って、

 

 

ドレンを外し、きれいにしてから

 

 

改めてコーキングしなおしました、。

これで漏れる心配はないと思います。

 

作業が少々増えてきました。

検査や登録に、再修理も。

最近、上手く進んでいないこともあるので、

改めて、慌てず、確実に1つ1つ進めていこうと思います。

| hiro-kumagai | ボート作業 | 13:00 | - | - | - | - |
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ