こちらではくまがいスタッフのHIROによる
毎日のお仕事や気になったこと、釣行記、
その他諸々の雑記帳です。
お時間ある方は、少々おつきあい下さい。
<< オイルの汚れ。 | main | ブログは追いつきました。 >>
セッティング。

今回はバスボートのセッティングの報告です。

 

 

実はこちらのボート、エンジンの修理をしたことがあります。

150馬力のEFI(インジェクション)でしたが、

燃料ポンプの故障だったのですが、大変勉強になりました。

 

今回は魚探とビルトインチャージャーの取り付けのご依頼。

結構大変だったり、不思議だったりしましたね。

フロントにHDS-7+HE-5700、リヤにHDS-5で、

今回、リンクも追加します。

リヤにはIKKI-RS(ヘディングセンサー)もセットです。

まずはリヤにトランスデューサのセット。

 

 

元々いくつか穴が開いています、。

ただ、むき出しなのでこの辺はコーキング処理を追加します。

所が、ねじを外したところ、意外にもいくつかの穴から

結構な量の水が出てきました。

センターのドレンとは別室?になってるんでしょうか?

よって、ここは最終日まで水を抜きます。

 

で、TDのセット。

これがこのボートの場合、奥まっているんですね、

 

 

こんな感じ。なので作業性の悪い事。

腕につりそうになること数回、完了です。

 

 

続いてセンターの魚探。

その前に、コックピットにメインの電源が来ていません。

メインのケーブルをたどっていくと、原因を見つけました。

 

 

これは処理した後ですが、メインのカプラーの金属部が

腐食し、断線していました。よってここはバイパスし、

結線することで確実に接続します。

 

 

これですべての電源が取れるようになりました。

この内部より、メインのスイッチを介して魚探等の

メインの電源とします。

 

ここにIKKI-RS、ストラクチャースキャン、HDS-5を

セットします。

 

 

ここからフロントにイーサネット、

ネットワークケーブルを通します。

 

 

フロントにもメインの電源が来ていませんでした。

また、トリムスイッチも片方しか効きません。

これはトリムのコネクターが外れていただけでした。

電源はどこからとったのかが不明で、実際来てない。

なので、トリムの+からもらいます。

 

 

その上で、リンクケーブルをセットしテスト。

 

 

すべてのリンクが繋がりました。

 

 

この手の作業は正直、大変ですが、一つ一つがわかると

楽しくなります。古いボートをきちんとリペアすることは、

好きな作業でもあります。

 

さて、最後になかなか場所が決まらなかったチャージャー。

 

 

トランサムの一番後ろのスペースに本当にギリギリで

収まることが判明。

ただし、多少の水のたまりも考慮し、デッキを1枚おいて

その上にセットするようにしました。

 

 

このボートの場合、バッテリーの位置がバラバラです。

なので、配線を途中で接続し、各バッテリーに流します。

 

今回は初めての作業もありました。

最近、大型艇、やったことのない作業が増えていますが、

勉強し、仕上げていくのはそれはそれで楽しみだったりします。


 

ただ、破損したラッチだけはどうにもなりませんでした。

違う形で対処はしていますが、やはりオリジナルで

セットしたいものです。

これにてこちらのボート作業も完了です。

 

なお、ここ2週間ほど作業が非常に立て込んで

ご予約もお断りしていたのですが、

お受けできるようになりました。

お困りの方は、お気軽にご相談ください。

| hiro-kumagai | ボート作業 | 09:41 | - | - | - | - |
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ